「出ていけよ」民進・桜井氏にあの人が苦言




「出ていけよ」民進・桜井氏にあの人が苦言 「懲罰にすべき」「メディアの批判があると思いきや...」
Yahooニュース:J-CASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000006-jct-soci





「いま山本大臣、看過ならぬことをおっしゃいましたからね。『そんな小さなこと』ってどういうことだよ。言ったよ今。『そんな小さなことは総理が答弁することじゃない』。我々が調べてきたことに対してそういう失礼なことを言うのはおかしな話じゃないか。失礼だよ。いいから。もうあなたは答弁結構だ。時間の無駄だ。時間の無駄だから出てくんなよ」

鈴木氏は、この場面での山本氏と桜井氏のやり取りについてブログで

「25日の桜井氏の発言で基本的に間違っているのは『小さいこととはなんだ、失礼だ、出ていけ』と言っているが、山本大臣は『そういう細かいことを首相に尋ねても無理だ。担当している私からお答えする』と言っている。『小さいこと』とは言っていない。事務的な細かいことなので担当の私からと言っているのだ」
と指摘し、桜井氏に対して

「言ってもいないことに大きな声で、しかも『出ていけ』はないだろう。この点、与党の理事もしっかり真意を国民に知らせるべきである。懲罰にすべき言動ではないか」

引用 - Yahooニュース:J-CASTニュース




自民党もすっきりしない状況の上、このハゲ~、丸刈り謝罪議員、防衛庁よろしく元大臣、新幹線スピード不倫疑惑議員、と連続の”こまったちゃん”登場で、いよいよ窮地かと感じたところでしたが、肝心の民進党がこれでは、チャンスを自ら潰しているようなものです。委員長が指名した答弁者へ「出てけ」(※動画29分36秒以降)は確かにないです。その他、代表辞任した蓮舫議員にしても、2重国籍問題の後のこの追及では、”自身も発言が二転三転して相手への厳しい追及質問をされていては、国民からの信用もなくなります。自由党、社民もまた然りで攻撃だけのイメージしかありません。

自民党が信用を落としてるものの、受け皿の政党がない状況では、どうしようもないです。○○ファーストの会が国政でも誕生か?とも言われていますが、勢いで当選した自民2期生組の事例もあるので国政での○○ファーストも今一つ信用できません。既存政党与野党の信頼回復が早急に望まれるところです。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク