大泉洋、前田敦子に暴言「がっかり、素人かよ!」 重要なラストシーン見逃しあ然- 記事詳細|Infoseekニュース




大泉洋、前田敦子に暴言「がっかり、素人かよ!」 重要なラストシーン見逃しあ然- 記事詳細|Infoseekニュース
 俳優の大泉洋(44)が24日、都内で行われた映画『探偵はBARにいる3』(12月1日公開)のジャパンプレミアの舞台あいさつに登壇。同シリーズの大ファンという前田敦子(26)が、エンドクレジット後の演出を見逃したことに大泉はあ然とし「がっかり、素人かよ!」と苦言を呈した。【写真】北川景子&前田敦子…





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

探偵はBARにいる3
価格:756円(税込、送料無料) (2017/10/24時点)









【ストーリー】
舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ"と名乗る女から電話が…。職業柄、危険の匂いには敏感なはずが、簡単な依頼だと思い引き受け、翌日実行。だがその直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び“コンドウキョウコ"から電話が…。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる、沙織という謎の美女と大物実業家・霧島の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる…。果たして、“コンドウキョウコ"は何を目論んでいるのか?事件と事件のつながりは何なのか?探偵と高田は、今日も街を疾走する。そして最後に待つものとは?
【解説】
【依頼】×【謎】×【危険】そして、【愛」。挑むは【探偵】×【相棒】VS【美女】×【大物】。/こんな映画を、待っていた!大泉洋×松田龍平、予測不能の新コンビ誕生!そして、映画界屈指の実力派&精鋭スタッフが集結!






スポンサーリンク



この記事へのコメント