「辞めるべきは八角理事長」論相次ぐ 専門家も首かしげる「バランス欠く」処分- 記事詳細|Infoseekニュース



「辞めるべきは八角理事長」論相次ぐ 専門家も首かしげる「バランス欠く」処分- 記事詳細|Infoseekニュース
元横綱・日馬富士の暴行問題で、貴乃花親方の「理事解任」が日本相撲協会の臨時評議員会で決議されたことで、協会トップの八角理事長の責任を問う声が出ている。評議会の池坊保子議長が言ったように「礼を欠いた」のが解任の一因となるならば、他の関係者の処分とのバランスを失しているのではないかという意見があがって…







大相撲史上、最大の汚点となった八百長問題。国技は息を吹き返せるのか。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:4754文字/単行本換算で8ページ】



目次(「BOOK」データベースより)
第1章 大相撲新団体設立/第2章 1世紀前にあった大相撲ストライキ/第3章 外国出身力士によるトラブル/第4章 世間を騒がせた疑惑の(?)大一番/第5章 トラブルも横綱級!?/第6章 相撲部屋お家騒動/第7章 土俵に上がりたがる女性/第8章 八百長報道と大相撲/第9章 協会大激震


スポンサーリンク




この記事へのコメント