山崎賢人 門脇麦との濃厚キス50回で赤面しトイレに猛ダッシュ- 記事詳細|Infoseekニュース



山崎賢人 門脇麦との濃厚キス50回で赤面しトイレに猛ダッシュ- 記事詳細|Infoseekニュース
 寒空の下、埼玉県内の総合公園は、今をときめく俳優・山崎賢人(23)を一目見ようと訪れた女子高生たちでごった返していた。1月11日、山崎主演のドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)のロケが行われていたのだ。 山崎は、お金しか愛せないナンバーワンホストの旺太郎を熱演。クリスマスイブの夜、サンタクロー…





接吻(キス)から始まる、死のタイムリープ

愛なんか求めようとするから人は不幸になる。
「欲しいのは愛なんかじゃない、目に見えるモノーーーカネと権力だ」
愛が歪んだ“クズ”な主人公・堂島旺太郎。
顔は良いが“カネの切れ目が縁の切れ目”で女を弄ぶナンバーワンホスト。
過去のある事件をきっかけに、誰も愛さず、成り上がることだけを追う、孤高の男…。

彼の前に現れたとある社長令嬢ーーーそれは日本企業のトップ、個人資産100億とも言われるホテル王・並樹グループ社長の娘だった。
彼女は旺太郎にとって人生で最高の理想の女。
「今度のターゲットはこの女だ」彼の毒牙が、彼女に迫る…。

が、そんな彼の前に“ある女”が現れる。青白い顔に、真っ赤な唇…。
彼女が彼に贈ったものはーーー“死の接吻”。
女のキスで突如起こる、呼吸困難!身体痙攣!異常な動悸!
その果てにーーー彼は、死んだ。

しかし目を覚ますと…そこは、見覚えのある7日前の風景。
繰り返される出来事、場面、会話、これはもしやーーー俺は、同じ時間を繰り返している…?

謎の“キス女”によって、何度も“死”と“時間”を繰り返す旺太郎。
何故、俺は殺されるのかーーー? キス女の正体はーーー?

“死のループ”の謎を追い、カネと権力を追い求め、ノンストップで物語が加速する“邪道ラブストーリー”が幕を開ける!




この記事へのコメント