吉川晃司主演&浅田次郎原作「黒書院の六兵衛」謎が謎を呼ぶ映像公開- 記事詳細|Infoseekニュース



吉川晃司主演&浅田次郎原作「黒書院の六兵衛」謎が謎を呼ぶ映像公開- 記事詳細|Infoseekニュース
 浅田次郎の日本経済新聞連載の時代小説を、吉川晃司主演で実写化する「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」のプロモーション映像が公開。何の目的なのか一切口をきかぬまま江戸城の一室に居座り続ける主人公・的矢六兵衛を巡って、さまざまな憶測が飛び交う人間模様の一端が見られる。 江戸城開城が近づく時代に、用を足す…






内容(「BOOK」データベースより)
江戸城明け渡し迫る中、開城のため、官軍のにわか先遣隊長として、送り込まれた尾張徳川家・徒組頭の加倉井隼人。勝安房守に伴われ宿直部屋で見たのは、無言で居座る御書院番士だった。ここで悶着を起こしては江戸が戦に。腕ずくで引きずり出してはならぬとの西郷隆盛の命もあり、どうする、加倉井。奇想天外の傑作ここにあり。

スポンサーリンク








内容(「BOOK」データベースより)
御書院番士・的矢六兵衛はもとの六兵衛にあらず!?正体を探る中見え隠れする的矢家の事情。その間も六兵衛は、次第に居座る部屋を格上げし、ついに最も高貴な御座敷、黒書院へ。果たして六兵衛は何者なのか?天朝様ご到着まであと数日ー。笑って泣いて物語は感動の結末へ。比類なき武士の物語ここにあり。

著者情報(「BOOK」データベースより)
浅田次郎(アサダジロウ)
1951(昭和26)年、東京生まれ。著書に「プリズンホテル」「地下鉄(メトロ)に乗って」(第16回吉川英治文学新人賞)「蒼穹の昴」「天切り松闇がたり」「勇気凛凛ルリの色」「鉄道員(ぽっぽや)」(第117回直木賞)「霞町物語」「天国までの百マイル」「壬生義士伝」(第13回柴田錬三郎賞)「王妃の館」「椿山課長の七日間」「五郎治殿御始末」「輪違屋糸里」「お腹召しませ」(第1回中央公論文芸賞、第10回司馬遼太郎賞)「中原の虹」(第42回吉川英治文学賞)などがある。2015(平成27)年、紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


YouTube・動画サイトランキング

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村







この記事へのコメント