『下町ロケット』土屋太鳳の“胸の立体感”にネット騒然…今後の視聴率上昇のカギか- 記事詳細|Infoseekニュース



スポンサーリンク






『下町ロケット』土屋太鳳の“胸の立体感”にネット騒然…今後の視聴率上昇のカギか- 記事詳細|Infoseekニュース
 阿部寛が主演を務める連続テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)の第4話が11月4日に放送され、平均視聴率は前回から1.4ポイント減少の13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。この日は、同時間帯に『フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2018』(テレビ朝日)も…












宇宙から人体へ。次なる部隊は大地。佃製作所の新たな戦いの幕が上がる。倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。高い技術に支えられ経営は安定していたかに思えたが、主力であるロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、大口取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村の父が倒れ、一気に危機に直面する。ある日、父の代わりに栃木で農作業する殿村のもとを訪れた佃。その光景を眺めているうちに、佃はひとつの秘策を見出だす。それは、意外な部品の開発だった。ノウハウを求めて伝手を探すうち、佃はベンチャー企業にたどり着く。彼らは佃にとって敵か味方か。大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ!大人気シリーズ第三弾!!


ニュースランキング

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村







この記事へのコメント