あの「変装」を嫌がらないゴーン氏の余裕- 記事詳細|Infoseekニュース



あの「変装」を嫌がらないゴーン氏の余裕- 記事詳細|Infoseekニュース
■NHKも調べ上げた「作業着」のインパクト日産自動車のカルロス・ゴーン前会長(64)が3月6日、東京拘置所から保釈された。その際、スーツではなく作業着姿に「変装」していたことが話題になっている。民放のワイドショーだけでなく、NHKのニュース番組でも、こと細かに報じていた。NHKの報道はこんな具合だ…






ゴーン・ショック! 事件の背後にある国家戦略と世界経済の行方 [ 渡邉哲也 ] - 楽天ブックス
ゴーン・ショック! 事件の背後にある国家戦略と世界経済の行方 [ 渡邉哲也 ] - 楽天ブックス

内容紹介(出版社より)
カルロス・ゴーンの逮捕は、なぜいまだったのか。今後の自動車産業、ひいては世界経済に何が起こるのか。ゴーンが狙っていた絵画による報酬受取という租税回避手口から、フランス政府と日本の経産省・日産との激突、その裏にある米仏の対立とアメリカによる口座監視体制、フランスでの暴動、さらには各国で進むファーウェイ排除の動きとの関連性まで、ゴーン失脚を取り巻くさまざまな状況を解説、今後の世界的企業再編や経済変化を読み解いていく。

内容紹介(「BOOK」データベースより)
ゴーン失脚をもたらした「国家の意志」と「経済覇権戦争」。ファーウェイ問題も米中対立、英EU離脱も全部つながっている!

目次(「BOOK」データベースより)
第1章 ゴーン逮捕の背後にある世界の経済覇権争い(ゴーン逮捕の衝撃/不正額は120億円にもなる可能性 ほか)/第2章 ゴーン・ショックとアメリカ(ゴーン逮捕の裏にあるアメリカとフランスの対立/イランをめぐる米仏対立 ほか)/第3章 強欲グローバリズムの終焉と世界秩序の激変(銀行と結託して損失を日産に付け替えた疑い/絵画を利用した報酬獲得の意味 ほか)/第4章 分断する世界で進む企業大再編(初めて首脳宣言を出せなかったAPEC/G20で規制されたルノーとゴーン ほか)


ニュースランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村







この記事へのコメント